プランをダウングレードする際の注意点

ストレージ容量の制限

プランによりストレージ容量が異なります。
ご自身のストレージ使用状況をご確認のうえ、変更後のプランのストレージ容量を超えている場合は、ホルダーご自身が動画を削除してください。ゴミ箱に動画を入れて「完全に削除」をお願いします。

それでも最終的に容量がオーバーしている場合は、beSTREAMのシステムによって古い動画から順番にプランのストレージ容量まで動画が自動的に削除されます。削除された動画はゴミ箱に移動し、10日後に完全削除されますのでご注意ください。

ご利用機能の制限

プランによりご利用できる機能が異なります。
使用できなくなる機能や、作成数・保存可能数が異なる機能があります。
あらかじめご確認をお願いいたします。
すでに共有されている動画は、ダウングレードの機能変更により、その機能が停止されますので、あらかじめご了承ください。

  1. アルバム作成数
  2. パスワード設定
  3. 公開期間設定
  4. 再生回数設定
  5. Emailコレクション
  6. カラー設定
  7. ロゴ設定
  8. 高度なロゴ設定
  9. プリセット設定数
  10. beチャンネル 動画表示数(アルバム数を含む)
  11. 投げ銭リンク
  12. 専用URL
  13. 埋め込みコード詳細設定
  14. アナリティクス情報量

補足

  • 各プランの詳細は プランページ をご参照ください。
  • プランを変更する場合は プランを変更するには を ご参照ください。
  • ベーシック】プランへダウングレードする場合は、ログイン後、プランページから【ベーシック】プランの「はじめる」をクリックして「ダウングレードする」をクリックしてください。
    無料プランについて を ご参照ください。

_____________.png

重要

  • ダウングレードしてストレージ容量がオーバーしている場合は、古い順に動画が削除されます。
  • プラン期間終了後までは、ダウングレードする以前のプランの機能・容量をそのままお使いいただけます。
  • ダウングレード申込みの場合、次回更新日よりダウングレードしたプランのご利用料を請求いたします。
  • ダウングレードの際は ◯更新日とお支払いサイクルについて を ご参照ください。
  • 詳細は 利用規約 をご参照ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています