ホルダー(動画共有者)が著作権侵害をした場合には

ホルダー(動画共有者)が著作権侵害をした場合には

侵害行為が適切に報告・確認された場合、著作権法、DMCAおよびbeSTREAMガイドラインに基づき、当社は当該コンテンツを強制的に削除することができます。

beSTREAM内に不適切と思われる動画を発見した場合は、必ず該当する動画のプレイヤー内のフラグ(旗)マークから「動画についての報告フォーム」にてご連絡ください。

そのような侵害を行ったユーザーに対して当社は、サービスの提供を強制的に一時停止、終了または当該アカウントを削除することができます。



その他、詳細は以下のページを参照してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。