動画を共有する

beSTREAMは、プライバシーを重視した動画共有のストレージサービスです。
安全に動画を共有する、3つの方法はプライベートリンク・埋め込みコード・beチャンネルがあります。

___________.png

プライベートリンク

動画を共有するための共有URLを発行。
SNS・LINE・メールなどにURLを送れば、友人・遠方の家族・チームメンバーだけで動画共有できます。
各動画の「共有URLをコピー」をクリックして、コピー&ペーストしてお使いください。
視聴者はURLをクリックするだけで、動画を保存せずにオンラインで動画を視聴することができます
プライベートリンクで動画を共有する
beチャンネルのプライベートリンク

 ________.png

埋め込みコード

ホームページなどのWebサイトで動画共有する場合は、埋め込みコード(iframeコード)をコピーしてHTMLに貼り付けて埋め込むことができます。
各動画の「埋め込みコードをコピー」をクリックして、動画埋め込みのためのiframeコードを取得できます。
Webサイト上での表示サイズを「指定サイズ(W x H)」で設定することもできます。
チーム・スタジオ】プランでご利用いただけます。
埋め込みコードで動画を共有する

  • HTMLコード非対応のSNSやブログサービスなどでは、beSTREAMの埋め込みコードは使用できません。
  • beチャンネルは埋め込みコードには対応しておりません。

 be_____.png

beチャンネル

お気に入りの動画をまとめて、独立した「beチャンネル」としてアルバムや複数動画を共有できます。
beチャンネルに登録したアルバムや動画一覧が表示され、設定したカバー画像、SNSアイコンが表示されるため、ポートフォリオとしてもお使いいただけます。
「beチャンネル」ページでbeチャンネルのURLをコピーして、SNS、LINEやメールで共有できます。
beチャンネル

重要

  • 他人に著作権がある動画をアップロードまたは共有する行為は、beSTREAMのガイドライン違反となります。
    beSTREAMは他者の知的財産権を尊重しており、ホルダー(動画共有者)にも同様の行動を取ることを要求します。詳細は、
    利用規約 著作権ポリシー をご参照ください。
  • 動画の公開を「オフ」に設定すると、ホルダー(動画共有者)自身は視聴できますが、上記の方法で共有された視聴者は視聴できなくなります。

プライバシーオプション

動画を安全に共有するために ◯視聴制限機能 として以下の機能をご利用できます。

  1. パスコード設定    全プラン
  2. パスワード設定    スタジオ】プラン
  3. 再生回数設定 スタジオ】プラン
  4. 公開期間設定    スタジオ】 プラン
  5. Emailコレクションを設定スタジオ】プラン

補足

beSTREAMは、他の動画サイトと違い、動画一覧公開ページは存在しません。
共有設定をONにしている状態でも、自動的に動画が世の中へ公開されることはありません。
動画を公開するには動画共有の3つの方法をご活用いただけます。
一度公開した動画の共有をオフにしたい場合は、公開設定をご活用ください。

 

PC、タブレット / スマートフォンbeStream__.png

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています