動画共有の3つの方法

beSTREAMは、プライバシーを重視した動画共有のストレージサービスです。
以下の安全に動画を共有する、3つの方法をご覧ください。

___________.png

プライベートリンクで動画を共有する

動画を共有するための共有URLを発行します。
友人、遠方の家族、チームメンバーにプライベートリンクのURLを、SNS・LINE・メールなどで送信すれば簡単に動画共有できます。
各動画の「プライベートリンクをコピー」をクリックして、URLをコピーしてお使いください。

視聴者はURLをクリックするだけで、動画を保存せずにオンラインで動画を視聴することができます。
詳細は ◯プライベートリンクで動画を共有する を ご参照ください。

________.png

埋め込みコードで動画を共有する

ホームページなどのWebサイトで動画共有する場合は、埋め込みコード(iframeコード)をコピーしてHTMLに貼り付けて埋め込んでください。
各動画の「埋め込みコードをコピー」をクリックして、動画埋め込みのためのiframeコードを取得できます。

Webサイト上での表示サイズを「指定サイズ(W×H)」で設定することもできます。
【チーム・スタジオ】プランの機能になります。
詳細は ◯埋め込みコードで共有する を ご参照ください。

  • HTMLコード編集非対応のSNSやブログサービスなどでは、beSTREAMの埋め込みコードは使用できません。

be_____.png

「beチャンネル」で動画を共有する

お気に入りの動画をまとめて、独立した「beチャンネル」として複数の動画やアルバムを共有できます。
beチャンネルに登録したアルバムや動画一覧が表示され、設定したカバー画像、SNSアイコンが表示されるため、ポートフォリオとしてもお使いいただけます。

ダッシュボードの「マイビデオ」または「beチャンネル」ページで「beチャンネルリンクをコピー」をクリックして、SNS・LINE・メールなどで共有できます。
詳細は ◯be チャンネルで動画を共有する を ご参照ください。

 

補足

  • beSTREAMは、他の動画サイトと違い、動画一覧公開ページは存在しません。
    共有設定をONにしている状態でも、自動的に動画が世の中へ公開されることはありません。
    一度公開した動画の共有をオフにしたい場合は、公開設定をご活用ください。
    __________2021-06-30_10.44.44.png
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています