beチャンネルのパスコード設定

ホルダー(動画共有者)が4桁のパスコードを設定すると、視聴者はbeチャンネルを見る際にパスコードの入力を求められます。 beチャンネルの視聴者を制限してプライバシーを強化できます。

ブラウザ

STEP 1 「ダッシュボード」>「アカウント」ページで「beチャンネル設定」内の「パスコード」を「オン」に設定します。

4桁のパスコードが自動発行され「再発行」を押すと別のパスコードが自動発行されます。
再発行すると、以前のパスコードは即無効になるのでご注意ください。

passcode-setting-for-bechannel-jp

STEP 2 「保存」をクリックします。

パスコード設定後は必ず「保存」をクリックしてください。
保存していない場合は、パスコードが有効になりません。

アプリ

STEP 1「beチャンネル設定」ページを開きます。

こちらのページを開くには、以下の2つの方法があります。

  • 「サイドメニュー」>「アカウント」をタップします。
  • ホーム画面ボトムバーのプロフィールアイコンをタップし、ご自身のbeチャンネルにあるQRコードをタップします。

STEP 2「beチャンネル設定」内のパスコードを「オン」に設定します。

4桁のパスコードが自動発行され「再発行」をタップすると別のパスコードが自動発行されます。
再発行すると、以前のパスコードは即無効になるのでご注意ください。

STEP 3「保存」をタップします。

パスコード設定後は必ず「保存」をタップしてください。
保存していない場合は、パスコードが有効になりません。

補足

  • パスコードを設定すると、パスワードおよびEmailコレクション設定は自動的に「オフ」になります。
  • 一度設定したパスコードをオフにする場合は「オフ」をタップして「保存」します。
  • パスコードと公開期間は同時に設定できます。

推奨記事

beチャンネルの共有方法
beチャンネルのパスコード設定
beチャンネルの公開期間設定
プライバシー設定の種類

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています