視聴制限で、プライベートリンク・埋め込みコード・beチャンネルの違いについて

プライベートリンクとは

動画を共有するためのURLです。
プライベートリンクは動画ごとに異なったURLが発行されます。見せたい動画を見せたい人にだけ共有することができます。
視聴者は共有されたURLからのみ、動画の視聴が可能です。
beチャンネルに登録されている場合は、beチャンネルからも視聴可能です。

SNS・LINE・メールなどにURLを送って動画を共有すれば、視聴者はURLをクリックするだけで、動画を保存せずにオンラインで視聴できます。

埋め込みコードとは

動画共有のための、HTMLのインラインフレーム要素(iframe)です。
埋め込みコードは動画ごとに異なったiframeが発行されます。
Webサイトに動画を埋め込みたいときにご利用ください。
HTMLの知識があれば簡単にご利用いただけます。
発行されたiframeコードを埋め込みたい部分へ貼り付けて埋め込みます。
表示サイズを指定することもできます。

beチャンネルとは

beチャンネルとは、アップロードした動画を任意で一つのURLにまとめることのできるポートフォリオページです。
パスコード・パスワード・公開期間設定・Emailコレクション・公開設定が可能です。
見てもらいたい人に、SNS・LINE・メールなどで、beチャンネルのURLを送信すれば共有できます。
Webサイトの一部のページとしてもご利用できます。
beチャンネルに登録したアルバムや動画一覧が表示され、設定したカバー画像、SNS情報が表示されるため、ポートフォリオとしてお使いいただけます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています